2018年02月21日

走りを知ること、身体を知ること

こんばんは!

細野です。
年始からバタバタしており、ブログの更新が遅くなりました。
そんな中、いくつかセミナーと講演をしてまいりました。

その講演・セミナーのなかで印象的だったのは
アスリートヨガ協会で登壇した時のこと。

ヨガの第一人者でもある、ケン・ハラクマさんとお話しした時のこと。

ヨガの目的の一つ「メディテーション(瞑想)」がどういうことなのか?
それをお聞きした時です。

ポイントは「つながる力」、「気づく力」、「再現性」とのこと。
そして、それは高いレベルで身体を扱えるということを意識した上でとのこと。

これはまさアスリートのトレーニングそのものなのでは?

これもまた、質問したところ。

その通り。

という回答をいただき。
非常にいろんなものがストンと理解できた瞬間でした。

トレーニングそのものが瞑想で、その滑らかな動作と高いパフォーマンスを
もとめて動作をしていくことで、本番当日に
ゾーンに入る準備がなされ、高いパフォーマンスを発揮できる。

これはすごく納得できたもので。
その日以来、改めて動作や身体について意識をより高く持ちました。

教室で、フォームを見ながらいい動きを求めに行く
このトレーニングは非常にいい効果なんだと感じます。

引き続き、頑張っていきましょう!!




★無料体験・月1回会員 受付中!!
(川崎 かけっこ・アスレチック教室) http://kkac.jp/
★甲子園スポーツネットワークの教室
(西宮、神戸摩耶、宝塚、和光成増、川崎)
http://tfschool.net/kyoshitsu.html
posted by 川崎かけっこ&アスレチッククラブ at 20:14 | 講師日記