2018年03月01日

脱力の重要性

こんにちは!
細野です。

平昌冬季五輪がおわり、冬季パラがスタートです!

五輪の方は外国勢も日本勢も素晴らしいパフォーマンスの嵐で、
非常に楽しかったですね。

コーチの印象に残っているのは、フィギュアスケートの羽生選手、
アルペンスキーのスーパーGとスノーボードのパラレルジャイアントスラロームの2冠達成のレデツカ選手。

羽生選手は、神秘的という言葉しかない、何か不思議な力の宿った演技でした。
海外ではきっと「彼はフィギュアスケートだ」と評されたのではないか?と思うくらいの演技。

レデツカ選手は、スノーボードがメインの選手。サブ種目のアルペンスキーでまさかの金メダル。
これは歴史的快挙であると同時に、両方できるということ、両方やったほうがいいかもしれない。。。
など色んな影響を与える金メダルだったのでは?と思っています。

また、週末には東京マラソンが開催されました。
設楽悠太選手が日本新記録、井上選手も自己記録を大幅更新の2時間6分台。
また、2時間10分を切った選手が合計9人は過去なかったのではないでしょうか。

そんな興奮冷めやらぬ中、川崎教室も人数が増えてきて盛り上がっています。
集中力が上達のポイントだと以前から伝えていますが、
走るときの集中力はみんな、かなり高いです。

iPadを利用してのフォームチェックで感覚と理論が一致しやすいのも
影響しているのかな??

集中している時は、動きのオンオフが見事、脱力がしっかりできています。
いい選手は脱力が上手です。
レデツカ選手、羽生選手、設楽選手も上手です。

オリンピック・パラリンピックで活躍している選手に負けないよう
我々も日々の練習を頑張りましょう!

★無料体験・月1回会員 受付中!!
(川崎 かけっこ・アスレチック教室) http://kkac.jp/
★SNSやっています!
 facebook
 twitter
 instagram
★甲子園スポーツネットワークの教室
(西宮、神戸摩耶、宝塚、和光成増、川崎)
http://tfschool.net/kyoshitsu.html
posted by 川崎かけっこ&アスレチッククラブ at 19:42 | 講師日記