2018年05月22日

スポーツは本来楽しく、色んな価値を含有しているもの

こんにちは。細野です。

世間を震撼させている、日本大学アメリカンフットボール部、日大フェニックスの悪質タックル事件について。
個人的に思うことがたくさんあります。

今回の事件、日大フェニックスのDLである宮川選手本人による記者会見で、
ようやく、今回の事件の全貌が見えてきました。

情報を色々見て、集約すると、内田前監督が教唆犯で主犯とする、
傷害事件であるという見解になりそうです。
※日大の政治力と圧力での減刑や操作妨害などがない限り

さて、ではなぜ、このようなことが起きるのか・・・。

日本のスポーツ(特に部活動)の前身は、明治時代の富国強兵政策に発端します。

効率よく、命令を聞いて屈強な兵隊を大量生産する場として、学校が使われたのです。
そして軍事教育の肝としての授業が身体教育という科目です。
これが、今の学校体育の前身となります。

そして、この体育は兵の育成の中心となるため、体育教官室は別室になり特別扱いになったのです。
日本の体育やスポーツはこの流れを組んでいるので、部活動も必然としてそうなります。

この構図がそのまま、部活にも影響するため、指導者は特権階級です。
そして上意下達の文化が醸成されます。

これが、我々のよく知る体育会系という文化です。
今回はこの文化の悪しき慣習が全て表に出てきました。
つまり、スポーツの世界に関してまだ戦時中文化から抜け出せていないところが多いということです・・・。

僕がなぜ、教員免許を持ちながらも教員にならず、部活を持たず、
フリーランスでこうした教室を開催している理由はここになります。

僕はこの理不尽な上意下達文化や子ども道具としかみない指導者のいる世界に
疑問符を大学1年次に外部指導員として入った陸上部の顧問を見て感じました。
※ちなみにこの人は東京都中体連のお偉いさんでした。

こうした人が上にいる世界に僕は耐えられないし、子どもたちも犠牲にしたくない。
という思いから、個人で子どもたちがスポーツを楽しめる場を作りたいと思い、
今の仕事に至ります。

かなり、個人的な感情のこもったブログになってしまいましたが、
引き続き、楽しく運動できる教室として運営を心がけていきますので、
どうぞ、よろしくお願いいたします。

細野

★無料体験・月1回会員 受付中!!
(川崎 かけっこ・アスレチック教室) http://kkac.jp/
★SNSやっています!
 facebook
 twitter
 instagram
★甲子園スポーツネットワークの教室
(西宮、神戸摩耶、宝塚、和光成増、川崎)
http://tfschool.net/kyoshitsu.html
posted by 川崎かけっこ&アスレチッククラブ at 18:06 | 講師日記