2019年01月17日

全身を使うからトレーニングになる。

こんにちは!細野です。

川崎の教室だけでなく、コーチの教室では全身を使うことを意識したトレーニングがメインです。

いつも行うのは

・片脚バランス
・スキップ
・お尻歩き
・お尻ジャンプ
・縄跳び
・鬼ごっこ

これらです。
全身で弾んだり、切り替えしたり、止まったり・・・。
こうした巧みな身体の使い方ができて初めて走りが速くなります。

しっかりと支えて跳ねる。この動作があって初めて強く速い動きができます。
これは全身の連動とともに作っていく感覚です。

片脚バランスひとつでも、全身で支えないとブレが出てきます。
ブレが出るということはしっかり支えていないということ。
小さな動き一つをマスターすることが実は大事。

鬼ごっこはスタミナとともに切り返しや急ブレーキ、急発進という動作が求められます。
これは全身の連動を必要とする非常に難しい動作です。
鬼ごっこは遊びながらこうした動作をどんどん洗練させていくので、子供のトレーニングとしては
非常に有効です。
似たようなトレーニングでタグラグビーのようなトレーニングもありですが、
道具がなくてもできるトレーニングとしての鬼ごっこは結構、最強のトレーニングだと思っています。

今年は、全身をもっと上手に使えるようになってもらうために、たくさん動いていきましょう!

★無料体験・月1回会員 受付中!!
(川崎 かけっこ・アスレチック教室) http://kkac.jp/
★SNSやっています!
 facebook
 twitter
 instagram
★甲子園スポーツネットワークの教室
(西宮、神戸摩耶、宝塚、和光成増、川崎)
http://tfschool.net/kyoshitsu.html
posted by 川崎かけっこ&アスレチッククラブ at 15:28 | 講師日記